10月31日からの基本的対策徹底期間中の施設利用について

2021年10月26日3施設合同

政府の緊急事態宣言解除および東京都からの基本的対策徹底を受け、なかのZERO、野方区民ホール、なかの芸能小劇場について、10月31日より下記の通り対応といたします。 なお、今後の感染状況や政府・東京都の方針・要請等により変更が生じる場合があります。 ご不便をおかけしますが、何卒ご理解の程、よろしくお願いいたします。

●ホール利用の制限について

令和3年10月31日(日)から令和3年11月30日(火)まで (基本的対策徹底期間)

※各イベントにおけるホールの定員人数は以下の通りです。

大声なしイベント(定員どおり)

[なかのZERO] 大ホール1,292人、小ホール507人

[野方区民ホール] 248人

[なかの芸能小劇場]110人

[視聴覚ホール]100人

大声ありイベント(定員半数)

[なかのZERO] 大ホール646人、小ホール253人

[野方区民ホール] 124人

[なかの芸能小劇場]55人

[視聴覚ホール]50人

※11月30日(火)以降も、政府・東京都におけるイベント等の開催制限に関する方針を踏まえ、新たな定員制限を設ける可能性があります。

  • その他施設(諸室)の利用について

新型コロナ感染症防止対策を行って頂きご利用をお願いします。

施設利用の際の収容人数について人数制限の詳細はこちらをご覧ください。

楽器練習等の唾など飛沫感染防止対策を行い、ご利用をお願い致します。

■施設の利用可能人数について  ホール以外の全諸室、活動内容により人数制限   ・大声なし(クラシック音楽、演劇読み合わせ等)のものは、定員まで利用可   ・大声あり(演劇立ち稽古、合唱等)のものは、定員の半数まで利用可

※利用が大声なし・ありのどちらに該当するか判断がつかない場合は、お問合せください。

■施設の利用内容に関する制限について

・マイクの貸し出しは2本までとします(持ち込み可)

■夜間時間帯の施設利用

・夜時間帯(18時~22時)の新規受付が可能となります。

■新型コロナウイルス感染防止対策を十分に行い『チェックリスト』をご記入の上、ご利用お願い致します。

「ホール利用チェックリスト」はこちら

「ホール以外利用のチェックリスト」はこちら

「ホール以外利用のチェックリスト(ピアノ利用等)」はこちら

【利用料金返金(還付)について】

■対象期間

令和3年11月30日(火)までの収容定員の制限を理由として文化施設利用を中止するものについて、支払い済みの利用料金を全額返還いたします。

■手続き方法

・窓口受付時間内に、下記の必要書類をご持参の上、なかのZERO、野方区民ホール、なかの芸能小劇場のいずれかの窓口にてお手続きください。

※なかのZERO窓口では、3施設いずれの施設の還付手続きも可能です。野方区民ホール、なかの芸能小劇場の窓口では、それぞれの施設の還付手続きしかお受けできません。ご了承ください。

・還付手続きには、代表者または施設利用料金を支払われた担当者がご来館ください。

・5万円以上の返金(還付)につきまして口座振込になります。振込時期に関しまして処理上1ヶ月程度お時間をいただきますので、ご了承ください。

 

■手続きに必要な書類等

・「利用承認書兼領収書」(原本をお持ちください)

・「取消承認書」(すでに施設予約キャンセル済みで一部還付金を受け取っている方)

・印鑑(スタンプ印不可)

 

■窓口受付時間 (いずれの施設窓口も土・日・祝日は開館しております)

・なかのZERO   9:00~19:00(10月は休館日ありません。11月は22日(月)が休館日となります)

・野方区民ホール  9:00~18:00(休館日は毎月第2月曜日、その日が祝日の場合は翌日)

・なかの芸能小劇場 9:00~18:00(休館日は毎月第3月曜日、その日が祝日の場合は翌日)

なお今後の感染状況や政府、東京都、中野区の方針、要請等により変更する場合がございます。施設のご利用にあたりましては【3つの密、密閉、密集、密接】避けていただきます様ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

ご不明な点がございましたら、なかのZERO お客さまカウンター(03-5340-5000)までお問い合わせ下さい。