緊急事態宣言解除後の施設利用について

2021年03月23日3施設合同

3月22日に緊急事態宣言が解除となりましたが、なかのZERO、野方区民ホール、なかの芸能小劇場のご利用については政府や東京都の対応に沿い、3月31日(水)までを段階的緩和期間(リバウンド防止期間)とし、以下の通り対応いたします。

 

1 利用料金返金対象期間について

新型コロナウイルス感染拡大防止のために施設利用をキャンセルされる方に対して令和3年3月31日利用分まで利用料金を全額返金致します。

詳細についてはこちらをご覧ください。

2 施設利用の際の収容人数について

国の基準に従い定員の原則50%以下の収容人数とします。

人数制限の詳細はこちらをご覧ください。

大声を伴わないイベントに関しましては100%以下の収容人数とします。

100%以下収容人数でのイベントに於きましては【確認書】をご参照ください。

※また、その他施設利用方法においては緊急事態宣言発令以前の使用制限を適用させていただきます。

3 21時以降の施設のご利用受付について(新規受付)

夜時間帯(18時~22時)についての新規受付を中止いたします。

(音楽練習室A・Bについては20時~22時の区分)

4 21時以降の施設のご利用について(予約済みの方)

すでに夜時間帯をご利用予定の場合は21時までの利用にご協力をお願いいたします。(ご利用時間短縮の場合でも利用料金の減額は出来かねます。)

音楽練習室A・Bについては20時~22時の区分をご利用予定の場合は21時までのご利用、またはご利用の中止をご検討ください。

5 その他

21時以降の施設へのご入館は原則としてお断りさせていただきます。

 

なお今後の感染状況や政府、東京都、中野区の方針、要請等により変更する場合がございます。施設のご利用にあたりましては【3つの密、密閉、密集、密接】避けていただきます様ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。